07.19.2016

投資の格言通りにならない、日経平均の比較の効果

投資というのは、難しいものであるというのが多くの人が考えていることなのではないでしょうか。特に株式投資などは、どのようにして今後値動きをしているのか、ということを予想しなければ大きな利益を得ることは出来ません。そんな株式投資、株の値動きについては、こんな格言があります。

「自分で予想をするのと、猿にダーツをさせて買う銘柄を決めるのとでは、それほど差がない」。果たして、この格言は本当なのでしょうか。勿論、全く何も考えないで投資を行ったとしても、利益がえられるということは有ることには有ります。運の要素が大きく絡んでいる世界であることは強く否定はしません。しかしながら、やはり自分で考えて投資を行うのと、適当に購入するのとでは、効果に違いがあります。何より大きいのは、自分で考えて投資を行うことは、それ自体がノウハウという資産となり、今後の投資の助けとなることです。

それでは、実際に投資を行うという場合、どのようなものを参考にして考えるのが良いのでしょうか。この際重要なポイントとなるのが「日経平均」というものです。日経平均、正式には日経平均株価というのは、日本全体の株価がどのように変動している状況なのか、ということを概略で把握することができるグラフです。日本には2000弱の東証一部上場企業がありますが、日経平均株価ではその中から特に影響力が強いと考えられる主要な255企業をピックアップし、その値動きについて記録しています。

このグラフを見て、今上がっているから売る、今下がっているから買う、ということも1つの方法です。しかし、もう一つ重要なのが、このグラフを過去のグラフと比較することになります。値動きにはある程度の「前兆」というものがあり、その前兆からどのような結果がえられるのか、ということは過去のグラフで証明されています。現在の値動きに合致しているグラフを見つけることができれば、今後の値動きを予測しうることになります。

07.18.2016

日経225取引を始めたい方におすすめ情報

資産運用をするなら、日経225がおすすめです。日経225とは日経平均株価とも呼ばれ、、東証一部上場銘柄の中から日本を代表するものとして日経新聞(日本経済新聞社)が選んだ225銘柄の株価の平均値です。平均値も取引対象になるということは、初めて聞くと驚くかもしれませんが、平均値も安く買って高く売ったり、高く空売りしておいて安く買い戻したりすれば、差額分があなたの利益になります。

さてこのような日経225ですが、取引を実際にしてみるまでは「なんだか難しそう」などと心理的にハードルが高く感じてしまったりするものです。でも、投資初心者の方にこそ、日経平均株価指数取引というのはおすすめなのですよ。どうおすすめなのか気になる方はこちらの日経225マガジン.comというサイトをチェックしてみてください。このサイトは、現在日経平均株価指数取引をしているお若いサラリーマンの方が作成しているサイトです。

投資は無理だと思っていた期間を経て、様々な投資方法について調べたうえで、現在の投資方法に至っているということですから、これから資産運用を始めたいけれど躊躇しているという方が読むには、ぴったりだと思います。ちなみにこのサイトには、日経225以外の投資についてもいろいろ情報が載っています。といいますのも、他の投資方法を知らないと、日経225株価指数取引とは何かについて浮き彫りにされなかったり、混同してしまったりするおそれがあるからです。

投資というのは、余剰資金でするものだと一般的には考えられています。もちろん、生活費を切り詰めて投資をして損失が出てしまったりしたら、生きていくことができませんから、そういう意味では損が出ても大丈夫という範疇で行うべきではあります。ですが、何百万円という余剰資金ができてはじめて投資するというものでもありません。お金が無いから、お金を殖やしたいからこそ資産運用です。あなたにも今から始められる方法がきっと見つかりますよ。

07.17.2016

日経平均株価から見る損失やメリット

投資を行っている人であれば馴染み深いものかと思いますが、そうでない人にとってはいまいちどのようなものであるのかが分かりにくいのが「インデックス」と呼ばれる指標です。例えば、ニュースなどを見ていると「日経平均株価」なるものの数値が紹介されることがありますが、これがどのようなものなのか説明することができるでしょうか。ここではまずこの日経平均株価がどのようなものであるのかについて紹介します。

日経平均株価というのは、日本の株式市場がどのような状況なっているのかを分かりやすく見ることができる指標の1つとなっています。日経225という名前で呼ばれることもありますが、こちらも同じもののことを指しています。日経平均に於いては、国内に数多くある東証一部上場企業の中から、さらに重要性が高いと考えられる255社をピックアップし、その株価を平均して示しているというものとなっています。つまり、この平均株価の上下を見ることによって、現在日本の株価が平均的にどのような推移をしているのか、ということを見ることができるということになります。

日経平均株価が大幅に下がっているような状況は、日本全体の経済に大きな影響が及んでいるということが考えられるため、当該の255社以外の株価についても下がっていることが考えられます。当然ながら、こういった状況では投資にも損失が発生しやすくなっており、日経平均株価が大下落をしている時にはそれだけ投資家にも大きな負担がかかっている状況であることが分かります。

この日経平均株価という数値は、上手く利用することによって投資にメリットをもたらすことができる存在でもあります。日経平均株価の値動きに注目し、今後どのようにして推移していくのかを推測することによって、投資を行うことも可能であるためです。ただし、日経平均は国内情勢だけではなく、海外の情勢によって大きな影響を受けることになるため、イレギュラーにも注意が必要です。

07.16.2016

株式で利益を得るための戦略

お金というのは、お金が有る場所に集まってくる、というのが鉄則です。この大きな理由となっているのは、お金が有る場合にはそのお金を利用して投資を行うことができる、という点にあります。ある程度以上の資産を持っている人は、その資産の運用益だけでも十分生活することが出来、利益を出す事ができるため、さらに資産が拡大していく傾向があります。

しかし、日本というのは富裕層の割合が多く、平均的に見てもお金を持っている国であるにも関わらず、投資についてはあまり市井に浸透していません。当然企業などにおいては行われていますが、個人投資家というのは少なく、投資についてのノウハウを持っていない人も多いのではないでしょうか。興味はあるものの、難しいものであるというイメージからなかなか手を出すことが出来ない人も多いかと思います。

ある意味で、正しい情報がない状態で投資を行わない、というのは賢明な選択であることは間違い有りません。しかし、より良いのは正しい情報を得て、戦略的に投資を行うことです。それでは、投資を行い利益を得るためには、どのような戦略を考える事ができるのでしょうか。

まずは、自分の所有資産から考える戦略についてです。十分な資産が有る場合には、安定している投資先と、リスクのある投資先に投資を分散する分散投資が重要な戦略となります。こうすることによって、安定投資先から安定的な収入が得られるようになり、リスク投資先から大きな投資効果が得られる可能性があるためです。

しかし、もともとあまり資産がないという場合には、利用することができる投資戦略というのもリスキーな方向へと舵を取る必要があります。例えば株式投資を行う場合、元となる金額が少なければ得られる投資効果も少なくなります。こういった場合には、いわゆる「信用取引」を行うことも1つの視野に入れなければなりません。ただし、当然ながらリスクは増大することになるため、細心の注意が必要です。

07.15.2016

一目均衡表から情報を得てインデックス投資

株やFXなどで個人投資を行う場合には、どのような基準で投資を行うのか、ということをしっかり考えておく事が重要になります。十分な情報を得ないままに、自分の感覚だけで投資を行うことも不可能ではありませんが、成功率は当然低くなりますし、もし成功をしたとしてもそこからノウハウを得ることが出来ないため、その後に続ける事ができないという問題が発生します。投資家としての経験値を蓄積することを考えた場合にも、やはり情報を元にして投資をすることが重要なポイントとなります。

さて、それでは投資の際に参考にすることができる情報としてはどのようなものがあるのでしょうか。株やFXの値動きのチャートを見て、それに合わせて投資を行っていくということが1つの方法となります。チャートの動きに合わせて投資を行う場合、自分が最初の1人となることは有りません。全体の値動きに合わせて投資をしており、上がった場合に売り、下がった場合に買うという繰り返しを行っているのであれば、大きな値動きによって予想外の問題に見舞われない限りは大きな損失が出ないのが特徴となります。

こういったチャートをベースにした取引の方法のことを「インデックス取引」と呼びます。このインデックス取引を行う場合に利用することができるのが、一目均衡表というものです。一目均衡表というのは、グラフとして見るだけで感覚的に株式の値動きが分かるようになっているグラフのことで、毎日決まった時間の数値をベースにして株価の予測を行うものとなっています。

この一目均衡表をベースにすると、ただどのように売買をすれば良いのか、ということが分かるだけではなく、その後どのような値動きを見せるのか、ということをある程度予測することができるようになります。こういった方法で繰り返し投資を行うことによって、できるだけ自分の中に情報を蓄積し、次の勝負でさらに大きな成功を収める事が重要になります。