水虫を発症する原因は皮膚に常駐する常在菌のひとつ、白癬菌です。
白癬菌は皮膚糸状菌に分類される真菌(カビ)の仲間であり、水虫感染者の患部の皮膚が垢となってこぼれ落ちたものに触れて感染します。
足の裏や指の間・爪などに付着した白癬菌は、皮膚糸状菌という名前通り皮膚の奥深く根を張って潜伏する菌です。
人間・生物のカルシウム分を吸収しながら増殖し、活発化したものが水虫の症状となって皮膚表面に出現します。

白癬菌に感染する原因は、先述の通り感染者からこぼれ落ちた皮膚(垢)や患部の接触といったように接触感染が主体です。
素足で歩く確率が高い場所が感染源となりやすく、銭湯や温泉の脱衣所やマット、プールの更衣室やプールサイド、公共施設内の畳や靴を履き替える玄関口などは特に注意しましょう。
銭湯や公共施設など不特定多数の人間が裸足で行き来する場所は、白癬菌の温床となりやすいからです。
一方、家庭内に感染者がいた場合も同様に水虫感染者を拡大する恐れがあります。
玄関や浴室に置かれたマットや床、廊下やキッチンなども真菌が含まれた皮膚が落ちている可能性が高いです。

白癬菌は感染力が高く、足以外にも感染には注意を払わなければなりません。
たとえば、患部に指が触れてそのまま洗わずに別の身体の部位に触れた場合、その部位も感染してしまいます。
水虫といえば足の裏や爪のイメージが強いですが、腕や頭部の皮膚や太もも付近など、あらゆる部位に感染します。
そのため、家庭内に患者がいる場合は、タオルやコップなどを家族で共用にせず個別に用意すること、じゅうたんやカーペットなど肌に触れる頻度が高いものは頻繁に清掃して清潔に保つことなどが重要です。

また、水虫は再発しやすいという点も覚えておかなければなりません。
抗真菌薬を用いて治療すれば、ほどなくして患部がきれいに治ったように見えますが、これは表層部の菌が死滅しただけであって、深層部では潜伏しながら増殖を繰り返しています。
投薬治療を行う際は特に、医師の指示を仰ぎ指定の用法用量で正しく服用するようにしましょう。

日常生活でできる水虫の対策方法

水虫の感染の予防対策としては、「白癬菌の付着を未然に防ぐ」というのが最も効果的です。
真菌は接触感染が主体なので、なるべく裸足で触れるようなもの(マットやスリッパなど)は頻繁に洗濯して清潔に保ったり、家族間で共用せず個別に用意すると良いでしょう。

ちなみに、白癬菌は付着しても24時間以内であれば洗い流すことが可能です。
これを利用して帰宅したら必ず足を洗うようにすれば、マットや脱衣所などにある垢から感染(キャッチボール感染と呼びます)しても、感染・発症する前に取り除くことができます。

続いて、感染・発症してしまってからの対策も見ていきます。
白癬菌が活発化するのは温度が15度以上、湿度が70%以上の環境です。
足は靴やストッキングで何かと蒸れやすいので、一足の靴を履き続けるのではなく3足以上をローテーションで履いて、湿気がこもらないようにするといった対策が有効でしょう。

先述の白癬菌の生息・増殖の条件から、再発しやすい季節は冬以外となります。
この時期に湿気対策をするのはもちろんのこと、発病しないように体調を整えるのも大切です。
水虫に限らず風邪など多くの病気・疾患は、生活習慣の乱れや運動不足、ストレス・疲労の蓄積などによって身体が疲弊した際に発症する傾向にあります。

そのため、体内に潜伏する菌が活性化・増殖することなく、皮膚の再生によって体内から追い出すためには水虫のシーズンに体調を崩さないということが肝心になります。
早寝早起きなど睡眠を十分とって規則正しい生活習慣を心がけ、バランスのとれた食事を意識すると良いです。
適度に運動をして身体の血行を良くして代謝を向上させたり、ストレスを溜めこまないようにすれば、発症率を下げることができます。